韓流情報

  1. 1韓流情報






イハイが3年ぶりにカムバック!
作成者 ticketmarket3 作成日 2019-05-20
題名

イハイが3年ぶりにカムバック!

 YGの女性ソウルボーカリストイハイが、3年ぶりにカムバックする。
 

 

YGエンターテイメントは本日(20日)午前11時公式ブログにイハイのカミングスーンティーザーを公開してカムバックを策定した。
 

 

ポスターの中イハイはこれまで見られなかった強烈な目つきと、3年の間に一層成熟したスタイリングで、今回の新しいアルバムコンセプトが気がかりなことを誘発する。
 

 

「COMING SOON」フレーズは、3年の間にイハイのカムバックを待っていたファンの心をときめかせて外見と同じくらい成熟したイハイの音楽に対する期待感を増幅させる。
 

 

過去のアルバム「SEOULITE」のタイトル曲「ため息」と「手を取り合ってくれ」と、国内音源チャートリアルタイム1位オールはもちろん日間チャートのトップをさらって大衆に大きな愛を受けたイハイのカムバックに歌謡界注目が集まっている。
 

 

イハイは2012年SBS「Kポップスター」に出演して韓国では見られないソウルあふれる声で準優勝を占めた。 YGエンターテイメントと専属契約を結んでシングル「1,2,3,4」でデビュー出師表を投げ、これが4週間の国内音源チャートを全部さらって「怪物新人」という別名で呼ばれた。
 

 

翌年イハイは「ゴールデンディスク」、「ソウル歌謡大賞」など、様々な授賞式で新人賞を握って歌謡界に強大な存在感を見せた。特にイハイは2013年、米国ビルボードが発表した「21 Under 21」(21歳未満の21人のアーティスト)に選ばれ、世界の舞台でも脚光を浴びた。
 

 

以後、「It's Over」「Rose」、「ため息」、「手を取り合ってくれ」などのヒット曲を次々と誕生させ、国内歌謡界に独歩的な女性ソロボーカリストとしての地位をしっかりと固めた。
 

 

YG側はイハイの空白期間が多少長かった理由について、「本人が好みの音楽を作るために最善を尽くしたアルバムだからである」と説明した。
 

 

続いてYG側は「長く準備してきただけに、多くの曲を準備することができたからこそ、今回のアルバムを皮切りに、今年から安定した新曲発表と連続的な活動を続けていくことができるものと期待している。すでにタイトル曲のミュージックビデオまで完成されたので、近いうち公式日程を発表して活発な放送活動を続けていく計画だ」と伝えた。
 

 

独歩的な重低音の女性ボーカリストであるイハイの音楽のスペクトルが、過去3年間どのように変化して広くなったのか、イハイのボーカルを待ちわびていたファンたちの期待がより一層高まっている。

 

 

出所記事→https://entertain.naver.com/ranking/read?oid=076&aid=0003418547&rankingType=default&rankingDate=

 


TWITTERで送る FACEBOOKで送る MIXIで送る

添付イメージイハイが3年ぶりにカムバック!
...

韓流情報
  題名 作成者 作成日 照会数
イハイが3年ぶりにカムバック! イハイが3年ぶりにカムバック! ticketmarket3 2019-05-20 142