韓流情報

  1. 1韓流情報






パク・ボムが「本当に麻薬はしたことがない」と説明!
作成者 ticketmarket3 作成日 2018-04-27
題名

パク・ボムが「本当に麻薬はしたことがない」と説明!

歌手パク・ボムが「本当に麻薬はしたことがない」と述べた。

 

パク・ボムは26日、メディアとのインタビューを通じて「麻薬(関連)調査を受けたが、疑いがなかった」と説明した。

 

パク・ボムは24日放送されたMBC「PD手帳」の政治検査編で取り上げられ、再議論になった。 2010年に米国でアンフェタミンを密輸入して摘発されたが、異例の「立件猶予」処分を受けたことに対する疑惑報道であった。

 

パク・ボムは「100%アンフェタミンを取り寄せたのではなく、アンフェタミン成分が含まれている混合製剤「アデラル」を持ち込んだ」とこれにより薬物密輸犯という議論が浮上したと示した。

 

パク・ボムは「ADD(注意力欠如障害、Attention Deficit Disorder)のために高等学校時代から薬を飲んでいた。韓国によく知られていない疾患と合わせて薬がない」とし「米国では、(アデラルが)私のような病気の治療薬としてよく使われる薬である。搬入過程で一定程度私の無知のために行われたことではあるが、この薬を100%、アンフェタミンだと話すので息苦しい」と打ち明けた。

 

パク・ボムは、インタビューを通じて、過去SNSに上げようとしていた文章を公開した。実際に私が、その麻薬というものを密輸したとの記事を最初に接したときに。薬物というその言葉より事実を申し上げることがもっと怖かった」とし「私はADD(Attention deficit disorder)という病気を持っています。韓国にはまだ病名すらよく普遍化されていない病名ですが。さらに数年前には、このような病名すらなかったことを覚えています。だから治療がない、何ですか。私は何も言えなくてもどかしいでしょう?」と書いたものだった。

 

パク・ボムは続いて「今どうしてもどうしても!今さらに女である私が 「麻薬密輸」というタイトルより、むしろ、私は本当に言いたくないが病気をただ申し上げることがよりネズミの穴に隠れたくて..でも勇気を出して申し上げます。薬物というしたこともない言葉より「真実」申し上げることが、よりドキドキして恐ろしくまた隠したかった」と言って悔しさを強調した。


TWITTERで送る FACEBOOKで送る MIXIで送る

添付イメージパク・ボムが「本当に麻薬はしたことがない」と説明!
...

韓流情報
  題名 作成者 作成日 照会数
パク・ボムが「本当に麻薬はしたことがない」と説明! パク・ボムが「本当に麻薬はしたことがない」と説明! ticketmarket3 2018-04-27 321