韓流情報

  1. 1韓流情報






WANNA ONEが再契約なしで今月末で解散確定!
作成者 ticketmarket3 作成日 2018-12-18
題名

WANNA ONEが再契約なしで今月末で解散確定!

 グループWANNA ONEが美しい別れを選んだ。

 

 
最近、複数の歌謡関係者は、スポーツトゥデイにWANNA ONEの再契約が最終不発されたと述べた。当初予定された通り、今月31日、1年6ヶ月の活動を終えて解体するわけだ。

 

 
これまでWANNA ONEは契約延長を置いて数回の議論を続けてきた。ただし、所属事務所間の利害関係が先鋭に絡み合っており、難航をもたらした。一部のメンバーだけWANNA ONE活動を維持しようという案まで出てきた、最終的に活動延長せずに解体することで、最終的意見を集めた。

 

 
WANNA ONEは、過去2017年4月から6月まで放送されたMnet「プロデュース101」シーズン2を介して結成されたプロジェクトグループである。同年8月には、最初のミニアルバム「1×1 = 1(TO BE ONE)」を発売してゴチョクスカイドームでデビューショーケースコンサートを開いて異例のデビュー申告式を行ったWANNA ONEはタイトル曲「エネルギッシュ(Energetic)」で音源チャートはもちろん、音楽放送で1位をさらって比類のない「怪物新人」の誕生を知らせた。

 

 
その後もWANNA ONEは「国民が作成したグループ」という修飾語にふさわしい広幅歩みを続けてきた。ゴチョクスカイドームで開かれた初のコンサートに2万席の座席をすべて完売させ、デビュー1年ぶりに世界の13都市を回るワールドツアーまで成功させた。加えてデビューアルバムと、その年の11月に発表したリパッケージアルバム「1-1 = 0(NOTHING WITHOUT YOU)」の販売台数は100万枚を超えた。 2000年以降初のアイドルグループのデビューアルバムミリオンセラー記録だった。

 

 
輝く成績だけ歴代級賞を受賞しても応じてついた。各種授賞式で新人賞を総なめにし、「ガオンチャートK-POPアワード」今年の歌手賞に続き、「MBCプラスジニーミュージックアワード今年の歌、「メロンミュージックアワード」今年のレコードまで握った。特にプログラムで1位を占めていたカンダニエルの話題性断然圧倒的であった。各種芸能はもちろん、広告まで渉猟し、高い身代金を自慢した。

 

 
1年6ヶ月間の歌謡界の新しい歴史を書き出すいたWANNA ONEの旅も終盤に入った。メンバーは、WANNA ONE解体後、各自の所属事務所に戻ってソロ、グループ、ミュージカル、演技など様々な分野で活動を続けていくものと思われる。

 

 

TWITTERで送る FACEBOOKで送る MIXIで送る

添付イメージWANNA ONEが再契約なしで今月末で解散確定!
...

韓流情報
  題名 作成者 作成日 照会数
WANNA ONEが再契約なしで今月末で解散確定! WANNA ONEが再契約なしで今月末で解散確定! ticketmarket3 2018-12-18 284